家作りは暮らし作りです。「プロの話しは解りずらいな」「本当に自分の納得の住まいが提案されているのかな」私達はそんな不安をクライアントに与えてはいないかをいつも気にしています。
私達はご依頼戴いた方に、様々な住まいの風景(機能や家族のかかわり)を分かり易く説明する事を得意とし、イメージの共有に努力しています。
 

そして私達は新築、リフォームでも多くの事情に合わせて実績を重ねて参りました。私たちが作り上げるのは壁や仕切りではなく「空間」です。「なんLDK」にとらわれない、あなたらしい空間をご提案し、住まうご家族を包み込む家をご提案いたします。基本的な住まいのコンセプトは以下の通りです。

OnlyOneの建築 『あなたの住みたい家の為に・・・』


 家というものは、嬉しい時、悲しい時も、また寂しい時も…住まい手の人生にいつも寄り添っています。心の通い合う会話を重ねて、人間味のあ るひとつの住まいをご一緒に作っていきたいと考えています。どんなデザインになるのか、私も楽しみにして仕事をさせて戴いてます。

 

価値を生む建築『住んで頂きたい住まい・・・』


 環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?
人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱 材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になり ましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言
え、設備に頼らないわけにも行きません。それ なら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分 を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わら ず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心
事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は 下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、 エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。

これからの建築は燃費も考えて住んで欲しいと思います。そ して、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家を提案したいと思います。

H2O設計室:一級建築士事務所登録

埼玉 (3)9091号

〒337-0032埼玉県さいたま市見沼区

東新井939-73

〒355-0364 埼玉県比企郡ときかわ町

西平176-5

電 話:080-4295-2983

E-mail:mimar.h2o@gmail.com